無意識に母が気に入る服を選ぶのは面倒だから?怖いから?

私が初めて、母の影響を受けていたんだと気づいたのは

高校を卒業して東京で下宿を始めたころのこと。

 

服を買いに行き、選んでいる時に

「これ買ったらお母さんなんて言うかな」

 

と、思った時に ドキッ としたのを覚えている。

 

母は東京から特急で1時間ちょっとの田舎にいて

普段私がどんな服を着ようと、わからないというのに・・・。

 

親元に住んでいた時は、どうだったっけ?と考えた。

それまで当たり前だったので、特に意識していなかったから。

 

私の服装は小さいころから、基本的に白と紺、グレーのスカートといった感じ。

セーターやベストからブラウスの襟を出すタイプ。白いとっくりセーターもすごく記憶にある。

ジーンズのオーバーオールに可愛めの赤いバラの刺繍の入ったものを、黒のタートルに合わせたりもしていたけど、基本、おりこうさんスタイルだった。

 

買い物には連れて行ってくれて、選ばせてはくれるけれど、たぶんそれは母が大方選んだ中から、どっちがいいか決める程度で、母の選択肢からはみ出たものを私が選んだとしても、それは却下されていたのだ。

 

実際、私はセーラーカラーの服が着たかった。

ちょっとフリルの着いたものも着たかった。

 

けど母が言うには

「賢い子が着るものではない」

ということだった。

 

母にとって「女の子らしい可愛さ=賢くない」だったみたい。

 

高校1年生の時。文化祭のために服を買ってもらえることになり

一緒に見に行った。

 

買ってもらったのは、中学生よりは少しお姉さんぽい(…のかな!?)生地のスカートと、珍しく柄の入ったベストと、これまでとは少し雰囲気が違う色目のブラウス。

いわゆるトラッドスタイル。

全身ベージュで揃っていて、まぁ、「これまでにない、新しめのコーディネート」

 

いったい私はそれを自分からすすんで選んだのか、と時々考えるけど思い出せない。

とりあえず、「今までと違う色」というだけでうれしかった。

 

高2の時に、「すごい冒険」をして赤いクルーネックの無地のセーターを買ってもらった。

なぜ「すごい冒険」かというと、母が「すごい冒険だね」と言っていたから。

 

正直私にとって、紺が赤になっただけで、別段たいした冒険でもなかった。

だけど、選んでいる時に「いままで真っ赤なんて着たことないし…」と迷っている母を見ていたので、「あぁ、冒険なんだな。確かに着たことないしな。」ぐらいには思っていた。

 

今思うと、高校2年にもなって、母の言うことをそのまま受け取っていた私ってどうなん?と、とても疑問。

 

母は、なぜあんなにも保守的な服装を選んだんだろう?

古き良き時代のオードリー・ヘップバーンのようなスタイル…といえばそうとも言える。

私もああいうのは大好き。

 

それとも、いい学校を出て管理職候補で大阪からわざわざやってきたエリート夫とその妻の娘として、ヘタな恰好をさせると、この田舎で何言われるかわからないという予防線だったのだろうか。

 

 

母はよく、自分の服を選ぶ時も「ねぇ、どっちがいいかな?」と聞いてくる。

好きなほうにすればいいと思うほど、いつもあまり大差ないもので迷っている。

 

全ての人に「いいかんじ」と思ってもらえる服装をいつも探している。

 

だけど、根っからのおしゃれ好きな家系なため、ダサイのは嫌だし、ちょっぴり冒険もしたいようで

それを万人から「いいかんじ」と思ってもらいたいもんだから、着る服が決まらなくて、いつも大騒ぎだ。

 

それを自分だけで完結してくれればいいのだけれど、周りにも押し付けてくる。

まぁ、その物差しはどこから出してきたの?というような判定で、母に文句を言われない服装を模索するのがとても大変なのだ。

 

文句を言われちゃいけないのか?

言わせておけばいいじゃないかと、ふつうの人には言われるのだけれど、もう、母とそのやり取りをするのが面倒だし、100%嫌な気分になるって決まっているので、できるだけ回避したい。

 

「まぁ、ちょっとまともな家の子ではないわな」とか

「常識で考えたら・・・」とか

 

そういう言葉を振りかざしてきて、

「あんたはまだ世間を知らないお嬢さんで常識がないから、お母さんの言う通りしてたらいいのよ」的な

私が何を言っても「あんたは、まだ子供だから」「常識をわかってない」で丸め込まれてしまう。

 

自分が法律で、自分が常識なのだ。

彼女は「神」なのよ。

 

 

そんなことだから

東京へ行っても、服を選ぶのに母のことが頭をよぎるということがしばらく続いた。

 

「あぁ、もう自分で決めていいんだ」とわかっていても、帰省する時にはまたいちいち気になり、母が気に入りそうな服を着て帰った。

 

けど、東京では好きな格好をするようになった。

自由だった。

 

 

#母が気に入る服 #オカムス #母の言うなり #母の影響 #母と買い物